江戸切子とは

江戸切子とは

江戸切子(えどきりこ)とは、江戸時代末期に江戸(現在の東京都)で始まった切子細工のことです。
切子とは、ガラスの加工方法のひとつで、西洋でいうカットグラスの和名に当たります。

江戸切子というと色付きガラスのイメージがありますが、江戸末期に作られていた江戸切子は透明なガラスを用いたものでした。
色付きガラスを用いることが一般的になったのは明治期以降です。
そのため、「江戸切子=色付きガラス」というわけではありません。

現在、「江戸切子」は、江戸切子協同組合の登録商標となっているため、製品に「江戸切子」の名称を使用することができるのは、組合員が作成した切子細工のみです。
また、組合では、「江戸切子」の定義として、以下の条件を掲げています。

1.ガラスである
2.手作業
3.主に回転道具を使用する
4.指定された区域(※江東区を中心とした関東一円)で生産されている

江戸切子の歴史

【江戸時代】

1834年(天保5年)に江戸大伝馬町のビードロ屋、加賀屋久兵衛(通称:加賀久)が金剛砂(こんごうしゃ)を用いてガラスの表面に彫刻で模様を施したのが、江戸切子の始まりと言われています。
※ビードロとはガラスのこと、金剛砂は研磨剤の一種です。

この頃に生産された江戸切子は、すべて手作業。
透明な鉛ガラス(透きガラスといいます)にヤスリや金棒と金剛砂によって切子細工をし、木の棒などで磨いて制作していたと考えられています。

【明治時代】

1873年(明治6年)、明治政府の殖産興業政策の一環として、現在の品川区北品川4丁目に品川興業社硝子製造所が開設され、日本での近代的な硝子生産の試みが始まります。
1881年(明治14年)には、”お雇い外国人”として、イギリスのカットグラス技師・エマヌエル・ホープトマンが招かれ、当時最先端の切子(カット)技術が日本に入ってきました。
また、薩摩切子の歴史が途絶え、職人・技術が江戸に入ってきたのも明治初頭です。

このような背景から、色被せ(いろきせ)ガラス、つまり色付きのガラスを使った江戸切子が作られるようになったり、加工方法が手摺りからホイールを使う方法に移行していったり、現代に伝わっている江戸切子の伝統的なガラス工芸技法が明治期に確立されました。
また、江戸切子が盛んに作られるようになったのもこの頃からです。

【大正-昭和(太平洋戦争開戦前)】

大正文化・モダニズムの時代、カットグラスの人気が高まりました。
工芸ガラスといえば「カットガラス」と言われた江戸切子全盛時代の到来です。
江戸切子が、食器からランプにいたるまで多様な形で普及しました。

第一次世界大戦によって産業構造が変化したこと、素材の研究が進んだこと(安価なソーダガラスの素材など)、クリスタルガラスの研磨の技法が開発されたことなどから、江戸切子の品質はさらに向上し、高級品の代名詞となりました。

当時のメーカーには佐々木硝子(現在の東洋佐々木ガラス)、岩城硝子、岡本硝子、各務クリスタル硝子製作所(現在のカガミクリスタル)など多くの問屋が存在。
このことからも、当時のガラス製品の活況ぶりをうかがい知ることができます。

【昭和(太平洋戦争中)】

太平洋戦争中は、平和産業であることから制限下に置かれ、多くの江戸切子職人も出征。
残った職人たちも加工技術を持っていることから戦闘機向けガラス加工などの軍需生産に動員されたり、転業や疎開を余儀なくされたりしました。

【昭和(太平洋戦争後復興期)】

太平洋戦争中に制限下に置かれていたこと、主な生産地であった現在の江東区周辺が戦争中に壊滅的な被害を受けたことにより、業界は危機的な状況でした。
こういった状況ではありましたが、GHQの進駐によるガラス食器の発注や海外向け高級シャンデリアなどの輸出、さらに高度経済成長期の生活の洋風化に伴うグラス・花器・洋食器の普及があり、ガラス製品の需要が高まっていた時期でした。

江戸切子職人たちは、各ガラスメーカーや問屋などのカットグラス生産に関わることで業界を復興させていきました。
職人が関わったメーカーの具体例としては、軍事用の光学レンズ生産技術をガラス食器に技術転用し、後に世界的なクリスタルガラスブランドへと発展した保谷硝子(現在のHOYAクリスタル)があります。

復興を終えた後は、ロボット・マシンが発達したことによるカットグラス加工の機械化・量産化がメーカーで進んだこと、格安な輸入品が増加したことによって、職人の下請け加工の仕事量は減少していきました。

【昭和(戦後復興後)-平成】

江戸切子は昭和60年に東京都の伝統工芸品産業に指定されました。
そして、平成14年には国の伝統的工芸にも指定され、「伝統工芸」という看板を掲げた活動が進みはじめます。

しかし、円高による輸出の減少やバブル崩壊からの長期不況から、メーカー・問屋・吹きガラス工場の廃業・撤退などが見られるようになります。
さらに、クリスタルガラス素材を始めとする素材の入手困難化や取引先・販路の縮小・変化も起こりました。
その結果、職人の仕事量が減少し、これによって職人育成の余裕も減り、後継者不足と高齢化の課題を抱えるようになりました。
現在は、これらの複合的な理由から廃業となるケースも多くなっています。

こういった現在の状況を踏まえ、江戸切子協同組合は、美しさと品質を追求したガラス工芸品として、江戸切子の伝統を長く保存育成する事を目指した活動を続けています。

江戸切子の代表的な文様

江戸切子の文様は、矢来(やらい)・菊・麻の葉など着物にも見られる身近な和の文様が多いことが特徴です。
代表的な14種類の文様を紹介します。

1.矢来文(やらい)

2.魚子文(ななこ)

3.麻の葉文(あさのは)

4.七宝文(しっぽう)

5.六角籠目文(ろっかくかごめ)

6.八角籠目文(はっかくかごめ)

7.菊繋ぎ文(きくつなぎ)

8.菊籠目文(きくかごめ)

9.菊花文(きっか)

10.笹の葉文(ささのは)

11.芯無し蜘蛛の巣文(しんなしくものす)

12.芯有り蜘蛛の巣文(しんありくものす)

13.亀甲文(きっこう)

14.花切子ぶどう(はなぎりこぶどう)

江戸切子の製作工程

【色被せガラス製作の工程(ポカン工法)】

①厚さが薄い色ガラスを作る
②作った色ガラスの内面に透明なガラスを吹き込む
③吹き上がった素材の不要な上部の傘部分を切断し、器の形に仕上げる

【切子の工程】

割り出し
④割り出しカットの目安となる縦横の印を付ける。
粗摺り(あらずり)
⑤粗摺り(あらずり)ダイヤモンドホイールに水をつけながら硝子を削り、大まかなデザインを決めていく。
三番掛け
⑥三番掛け粗摺りを元に、ダイヤモンドホイールに水をつけながら、より細かくなめらかなカットを施す。
石掛け
⑦石掛け人工砥石や天然石に水を付けながら加工し、カット面をよりなめらかに仕上げていく。
磨き
⑧磨き木盤や樹脂系パッド等に水溶きした研磨剤をつけてカット面の光沢をだす。薬品に浸して光沢をだす方法(酸磨き)もある。
バフ掛け
⑨バフ掛けフェルトや綿など繊維の回転盤に研磨剤として酸化セリウムを水溶きしたものをつけ、磨きの仕上げをする。

江戸切子と薩摩切子の違い

江戸切子 薩摩切子
生い立ち 町民から出てきた技術 薩摩藩主・島津斉興、斉の二代による起業
時代 江戸天保年間より今日までの切子ガラス技術の伝承 江戸弘化4年に制作され始めてから施設滅亡まで、約10年間製造。近年、現当主が復興再現。
切子の特徴 無色透明なガラスを起源 薩摩藩主・島津斉興、斉の二代による起業

江戸切子の新しい取り組み・ニュース

【江戸切子の日】

2008年、伝統的な模様の魚子(ななこ)にちなむ語呂合わせから、7月5日を「江戸切子の日」と制定しました。
親善大使に就任したのは、江戸切子が地場産業の墨田区出身で、和ガラスコレクターのTHE ALFEE坂崎幸之助さんです。
2018年7月5日に親善大使委嘱10周年を迎え、感謝状が贈呈されました。

【アイドルマスターとのコラボ】

2015年8月に放送されたアイドルマスター シンデレラガールズのアニメ第18話にて、登場人物が江戸切子職人を取材するシーンがありました。
これがきっかけで江戸切子協同組合とのコラボ商品が開発され、通販サイトANIPLEX+にて抽選販売されました。

出典元

江戸切子協同組合

人気記事

おすすめ記事

最近チェックした記事